ニート大学生のブログ

ニート大学生がリア充になるまでの成長を暖かい目で見守ってください

渡る世間に鬼はなし!改訂版

どうもこんにちは!ニート大学生のそーしです。

いやー連日本当に暑いですね。ぼくの住んでる仙台も今日は最高気温28度ということで、みちのくと言えどもやはり7月ともなるとしっかり暑いんです。仙台でこの気温なんですから東京とか名古屋はもっとやばそう…

てか、梅雨って来ました?(笑)今年の4月に仙台に来たばっかなので、いまいち仙台の一年間がどんな感じなのかわかんないんですよね(笑)

……ん?ぼくの住んでる仙台?

そうなんです!ぼくは仙台に住んでる大学生です!

こんな感じでこれからだんだんプロフィールを明かしていきたいと思います。面倒くさ!って思うかもしれませんが付き合ってください(笑)

さてブログの題名どおり、今日は「渡る世間に鬼はなし」を実感した日でした。

何があったのか簡単に言うと、今日家の鍵なくしちゃったんですよね。鍵をなくしたことに気が付いたのは夜の7時。家の前で呆然と立ち尽くしました。どこでなくしたとか全く心当たりがないんです。

けっこう本気で慌てました。まず一日の行動を振り返って、どこにいたか、最後に鍵を見たのはどこだったかを思い返してみました。

①いつも通り一限目の授業をすっぽかして11時に堂々の登校

②三限目の授業後大学の図書館でちょっと勉強(今月テストなので)

③帰り道近くの本屋で雑誌を立ち読み

④その後家の近くのラーメン屋で夕飯

⑤鍵がねえぇぇぇ!←今ここ

我ながらなんて味気のない一日なんだろうと悲しくなりましたね。でも悲しみに暮れている場合じゃありません。考えられる場所は②か③か自転車こいでる途中で道路に落としたかです。

もう必死に探しました。道路を。家に帰れないのはマジでシャレになりません。家の前の坂道を3往復しました。それから本屋にいってほんとにもうJKのスカート透視できるんじゃないかってくらいの眼力使って探しました。店員さんにもききました。

………ない。

最悪や…もうこの時点で周りはけっこう暗くなっていて、道路の上を探すのは無理な状況でした。

あーあ。どうすればいいんじゃい。半ばあきらめムードで最後の場所、図書館へ向かいました。

自分の座っていた席の周りを探しましたが、見つかりません。ちょっと期待して探しに行ったトイレにもありませんでした。あーあ帰ろ。最後にダメもとでフロントのおばさんに聞きてみるか。

ニート俺「すいませーん。鍵の落とし物届いてませんか?」

フロントのおばさん「ちょっと見てみますね」

ニート俺「お願いしまーす」

フロントのおばさん「こちらに届いてるのはこれだけですねぇ」

ニート俺「」

お姉さん!!!!!!!!

そうです。フロントの美人お姉さんが差し出したのはまさにぼくのかわいい鍵、My keyでした。お姉さん!おばさんなて言ってごめん!!!

いつもは金属のくせぇ匂いのする鍵ですが、今日はなぜかディズニーランドの甘ーいチュロスか長年飼いならしてきたウグイスのように見えました。ウグイスちゃんこれからは何があってもずーと一緒だよ…////

ともかくぼくの鍵を拾ってフロントまで届けてくれた人がいたのは事実です。本当はその人をお嫁にでももらいたいのですが、残念ながら誰なのかはわかりません。でも心優しい一人の学生に救われました。

まさに「渡る世間に鬼はなし」を肌で感じました。日本もまだまだ捨てたもんじゃねぇな!

ぼくもはやくニート脱却して人の役に立ちたいな